鹿児島大学永迫先生と島巡り

昨日は、朝9時出発して、昼食も取らず3時までの強行スケジュールでなごみの岬から犬田布まで戦争、自然、歴史多種多様な案内をしました。車中でも熱心にメモを取る永迫先生の姿勢に感服しました。

今度はゆっくり食事、懇談しましょうと別れました。

 

労金友の会 Gゴルフ大会

本日徳和瀬会場に、8時45分到着。

この会場に6度目の挑戦です。Gゴルフ友の会に入会して5度15ゲームこなしましたが、グリップ握り方や力のいれ具合で良くもなく悪くもなく、25~18のスコアです。

今日は労金主催Gゴルフ大会、短いところを打ち切れずショートで悶々としながら、3番ホール30mでなんとホールインワン!だが最後のホール4打。19でした。2回目も50mを5打数・・・・。23打でした。40名中12番。

「こんな広い会場でのびのびプレーできて幸せ!」

互いを称賛しながらのGゴルフでした。まぐれでもホールインワン最高でした!

県民週間 亀津小学校授業参観

県民週間で学校訪問。少人数学級や特別支援学級等々教員の定数も増え「落ちこぼさない」教育が徹底していた。グループ学習などを通してコミュニケーション能力、主体的に学ぶ学習が推進されていた。半世紀前の授業形態と今の違いを参観できる。多くの人たちに自由参観してもらいたいものだ。

井之川中1年フィールドワーク案内

29日これまで10数年続く井之川中学校1年生のフィールドワークを実施した。少なくとも22歳に達している訳だ。「故郷を誇れる子どもたちの育成」を胸に動いている。特に疎開船武州丸への思いを平和教育推進の原動力として語ってきた。自然や歴史、考古学から得られた新しい発見も常に知らせてきた。

子どもたちとともに学ぶ、という姿勢で関わってきた。熱い平和教育への思いを防空壕で、なごみの岬で、特攻隊記念碑ほかで語り伝えてきた。その思いは時代(昭和・平成・令和)、年齢を超えて連綿と伝え、平和を構築する子どもたちへと伝わっていくことでしょう。

年金友の会県知事あいさつ24日Gゴルフゴルフ遊歩記

年金友の会グラウンドゴルフ大会が天城町総合グラウンドであった。塩田塩田県知事のあいさつがあった。「離島のため暮らしを守るために県政はどうあるべきか持ち帰りたい」。私は参加できるものなら離島航路港のボーディングブリッジ設置を強く要望したかったが、新聞を見て意見が出て良かった。

差別のない鹿児島条例ができたものの、大島(名瀬)は作り返すのに全くない離島。

船の急なタラップを重い荷物で登ることは体験しないとわからない。

グラウンドゴルフ2ゲーム終了後、帰路に立つがついつい、寄り道。29日は井之川中学校1年生の史跡巡り案内だ。

大瀬川の清掃ゴミ拾い 子ども会、育成会

子ども会、育成会は大瀬川の清掃ゴミ拾いをした

環境教育を通して協同意識が高まる取り組みでした。今朝は、天候や参加者がどのくらいか、飲み物のことで4時半に起床。ラジオ体操のあと集落内のボランティア清掃見回りと元気度アップポイントシール配布

台風後わずか40日程でゴミが捨てられている実態を確認し、生態系を守るために、継続した取り組みの必要性を訴えた

 

 

 

 

10数年ぶりの鍾乳洞目手久、検福ー入口が様変わり

昨日午前8時45分頃から10数年ぶりに東目手久鍾乳洞を訪ねた。当時は道路脇からきび畑の畦を横断して水路伝いに行けばたどり着けたが、今回はさらに上まで登って右側の雑木林、竹林を経て小川に到着、ここを登っていった。当時の水路には木々が生え覆い尽くしていた。もはや10年過ぎると自然の猛威繁殖には抵抗できないのだ。更に台風の跡で、木々は倒れ大木も倒伏手のつけようがない。やっと通れるようにのこぎりで切って進む。当時楽々に案内した私がとまどうのだから、驚きとしか言いようがない。美山保さん達は昨年ここに入って時間経過で騒動し、本人も救急車で運ばれた。それとは知らず私はその本人に案内を頼んだ訳だ。申し訳ない。その後、上に抜けるという場所を案内してもらったが、そこは違法「ゴミ捨て場」と化していた。

美山さんの案内で目手久ダムを初めて知った。渡り鳥も来るという「ため池」だ。

権福の銀竜洞近くの手つかずの鍾乳洞は再発見に時間を要したが記憶をたどって見つけた。当時は「谷間であるため開発の手から逃れている」と説明した鍾乳洞だ。

地上部は赤土畑が広がる。広大な農地だ。近くまで開発の手が伸び、もはや地下部が赤土にまみれるのは時間の問題だ。

おそらくすでに、鍾乳石はつららも赤土で染まっていることだろう。入り口の写真だけ撮って思い出を胸に「永遠なれ、」と別れを告げた。

 

朝日新聞 掲載「疎開船武州丸悲劇の航海」

14年目の疎開船武州丸平和の夕べが朝日新聞に掲載された。

日本学術会議の任命拒否をする菅総理だが、任命されなかった人は全て「政権側にもの申す、」人たちだ。マイノリティ、少数派の意見を無視するより、圧殺する暴挙。今の香港を見るようだ。

「戦争はいつの間にかやってきた」と戦争経験者は語る。黙らされ、黙っていると無抵抗となり「若者が再び戦場へ向かう」日がやってくる。

徳之島「武州丸の悲劇」は兵隊だけでなく国民皆が犠牲者になることを伝えている。

平和を語る、平和を願う、平和を築くのは今の若者である、そのことを大人は責務とすべきだろう。

私は戦後生まれだが「聞いて、知って、伝える」ことはできる。なごみの岬~平和の碑、訪ねてほしい。刻印された富山丸のこと、3700余名の死者。家族、幼いこども、妻がいたことを。

躍動  亀津小学校運動会、中学校 コロナ禍に負けず

徳之島で初のコロナウイルス感染者が出た。

被害者を差別したりしてはいけない。何時でもどこでも誰でも感染の危機にある、という認識が必要だ。

しかしながら、感染者のいる危険な地域に行くときは、用心すべきだろう。会社員・公務員気をつけよう!我慢するときは我慢しよう!

ラジオでも言っていました「個人の問題ではあるが、感染すると家族・地域(徳之島全域)に大きな問題が生じる」。

スポーツの自粛、不要不急の外出控えで商店街や飲食店への影響。マイナス面での経済に及ぼす影響は計り知れない。グラウンドゴルフ大会もなくなった。高齢者の足腰が衰え、体力も心配(自分もだが)

できることをしよう、ウォーキングや5,6人でグラウンドゴルフ。

ウイズコロナ、コロナと共に生きる、ことです。